早速3回目にして書くネタが無くなって困ってます。
なぜ、こんなものを書こうかと思い立ったかと言うと面白い事をしたいから。
一応ホームページを作ったのは自分なので、もっとウェブページを見てもらうと思ったのも理由の一つ。
それにはもっと見やすくしたりしないといけないのだが。
それはおいおい進化させていきます。

 

 

今回はなぜブラジリアン柔術を始めたかについて書こうと思います。
第1回目にブラジリアン柔術をしているとお話ししましたが1年ちょっと前からやり始めてます。
どんなもんかと言いますと下記にウィキペディアという文明の利器があるのでそちらをご参照下さい。笑

 

ブラジリアン柔術とは

 

元々柔道とか空手とか武道をやっていたわけではないです。
中学、高校時代はハンドボール部。大学はサッカーサークルと球技をやってきてました。
ちなみに小学生の時は剣道、二度とやらない。
たまにフットサルもしているのですが今はほぼやらなくなりました。
今それらをやってないのは単純に楽しめないからというのが理由。
でも、見るのは好きよ。
学生の時は勝ちたいとか良い成績残したいとか明確な理由があってやっていたのですが。
大人になると色々気を使わないと行けなくなるのが超面倒と思ってしまったのが要因。

 

 

社会人になって社内のフットサルチームに所属していたのですが、上手い人、そうでない人とどうしても分かれる。
大会に出ても勝ちが目的じゃないから下手な人でも出さないと行けないとかそういうものを色々考えると面倒だなぁと正直思ってしまったところ。

 

そんなこんなんで、スポーツは何かしたいけどいいのないかなぁと思って家の近くにあったのがブラジリアン柔術のスタジオ。笑
ひと言でいうと”寝技主体の組み手系格闘技”らしい。
武道と違って格闘技要素あるし、なんせ頭を使う。
相手がこの動きをしたら自分はこうしようとかめちゃくちゃ考える。 
もちろん体格差などあるのだが頭を使えばやり方によっては勝ててしまうと言うところも面白い要素ではある。

 

上手い人なればなるほどそうなるらしいのですがまだ自分は弱いのでそこまでの領域にたどり着いてない。
日々上手い人にボコボコにされながらスパーリングしてます。
個人種目なんで変な気を使わないでいい。もちろん礼儀はあるが、自分としては気が楽だし楽しい。

 

あと、単純に格闘技やってるって言うとモテそうって思ったから。笑
男が何かを始める動機なんかほとんど不純なもんだと思っている!!
モテたいと思って新しい事始める事は過去振り返ると多い。
そのおかげで今がある、超楽しい。
それはまた、後日話そう。

 

恋の原動力と言ったらいいのか。笑

 

もう少し動けるようになったら大会に出たいなぁ。
なんせ体力がない、3回もスパーリングしたらほぼ死んでるし。
そんな事を考えながら日々練習してます。
目指せ黒帯!まだ白帯だけど。
そんなとこで今日は寝ます。

 

みずきち